昨日、塾を早めに出て大学進学相談会に出席した。


 この日は、大学関係者との個別相談のほか、小論文と面接の入試対策についての講演があった。出席者は50名くらい、半分が高校生、半分が保護者のようだった。


 これがとても面白かった。


 小論文対策は元予備校講師、小論文対策がコミュニケーションの指導を行っている会社の方であった。二人ともまったく別の組織の方。ただ、二人とも期せずして「第一印象」の大切さを強調していた。


 小論文は文字と書き出し、面接は入室から着席までが決め手とのこと。


 このような話はこれまで関係者から何度も耳にしたことがある。つまり、小論文は全文が読まれるとは限らないこと、面接は出会いの瞬間でほぼ評価が決まるというもの。


 二人の話を聞いて、これまで断片的だった情報がかなり整理できた。それに、裏付けも取れた。その意味でとても貴重な一日だった。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る