カア~~タ、カア~~タ、カ~タ、カ~タ、カタ、カタ、カタカタ、カタカタ、カタカタカタカタ………


 数日前から、私の車の左サイドから妙な音が聞こえてくる。小さな音なので、無視しようと思えば無視できないことはない。でも、一度気になると、とても気になる。


 車を走らせた直後は音が間遠、スピードが上がると間隔が狭まる。カ~タ、カ~タ、カタ、カタ、カタカタ、カタカタ


 明らかにタイヤと関連がある。何度もタイヤを点検。でも、何も接触していない。なぜだろう………??


 原因がサッパリつかめない。


 事故につながる可能性はない。気にはなるが、わざわざ修理工場に持ち込むのもメンドウ………と何日か放置してきた。


 そんな、今朝、家を出るとガソリンがない。ガソリンスタンドに寄った際に、ついでに聞いてみた。


 すると、若いお兄さんが、「わかりました。ちょっと、そこらを走らせてください」。スタンドの中を一周。すると、「原因はタイヤですね。ジャッキで上げてみましょう。」という。


 車を持ち上げて、タイヤを点検。


 「原因はこれですよ。」とタイヤのある箇所を指す。
そこには、金属の丸い輪がついている。その金属なら、私も点検したときに気付いていた。


 「パンクの修理の跡でしょう。」 


  「ハハハ、クギが刺さっているのですよ」と、ペンチで抜く。それは、クギというより、直系5ミリ近くのボルト。


 「タイヤの修理に金属なんか使いませんよ。」と言って、何やら、妙な細いゴムを差し込む。これで修理完了。


 あっけない幕切れだった。


 ………たわいのない話と言えばそれまで。でも、これって、何か大切なことを暗示しているような気がする。


 原因はタイヤ。予想がついていた。金属がついているのも気付いていた。ただ、それを「修理の跡」と決めつけていた。何の根拠もなく。


 「決めつけ」ってコワイ。


 ひょっとしたら、他のことで、何か、決めつけていることはないか。判断を誤らせていることはないか。


 タイヤなら被害も少ない。でも、もっと、大切なことだったら………


 わが身を振り返る機会を与えてくれたボルトに感謝すべきか。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る