中学生の保護者対象のセミナー(保護者会)を開催した。


 テーマは県立特色化選抜と私立推薦入試の合格法。これらの入試はとても複雑でわかりづらい。しかも、情報回示がされていない部分が多く、受験生(それに私たち塾の講師)泣かせの入試だ。


 セミナーでは情報を整理してわかりやくすること、それに、これまで関係者から得たとっておきの情報を披露した。


 今回は情報提供に留まらす、「親子のコミュニケーション改善」についてこれまで勉強して、実践してきたことをお話しした。


 この部分の担当は私(青沼)。伸栄学習会では生徒と講師のコミュニケーションにあたって何度も研修をくり返してきたが、このエッセンスをお伝えした。


 よくお母さま方は、「子どもがなかなか言うことを聞いてくれなくて………」というお話しをされる。確かに子どもたちは「難し年頃」に差しかかっている。でも、コミュニケーションの改善によってその一部は緩和されるのではないか。


 今日ご出席された保護者の方の、親子のコミュニケーションが少しでもよくなることを願ってやまない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る