知り合いの方から貴重な資料をいただいた。


 高校別のMARCHへの一般入試合格実績。これを高校の偏差値ランキング順に並べると、みごとな相関が浮き彫りになる。当たり前といえば当たり前かもしれないが、偏差値ランキングが高いほど、MARCHへの合格実績が高くなる。


 特に、卒業生人当たりの合格数でみると、偏差値60でくっきり分かれるのがよくわかる。


 「大学進学するためには、高校入学時に偏差値60をクリアすることが大切」、それに、例えば、県立船橋東高校あたりが「進学校の最終ライン」ともよくいわれる。


 MARCHへの合格状況を分析すると、これらがその通りであることが改めてはっきりする。


 ただ、この分析は、あくまでも「一般入試」を前提にしてのもの。AO入試や推薦入試となるとまったく別の世界が開ける。


 偏差値60の壁、それに一般入試とAO推薦、大学受験の奥は深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る