大学進学フェアに参加した。


 本年度はじめてのフェア参加。この日のフェアは各大学との相談会に先だって、今春の大学入試総括とAO・推薦入試の最新動向についてセミナーが行われた。


 AO・推薦入試は大学生の学力低下を助長するという批判があるが、そのウエイトはますます高まりつつあり、今春の入試では、ついに、私立大学については、AO・推薦入試の入学者が一般入試のそれを上回ったとのことだ。


 国公立大学については、まだそのウエイトは15%程度だが、今後、後期入試の廃止などを背景に比率が高まることが確実視されるとのことだった。


 この日の相談会は時間が短く、あまり多くの大学と打ち合わせすることが出来なかった。ただ、それでも、セミナーの話者や中堅大学から貴重な話を伺うことができた。


 特にAO・推薦入試の合否について、その実態の一部をを確認することができた。AO推薦入試については、いろいろウワサが飛び交っている。これらのウワサの背景や実態はなかなかつかむことが難しい。その一部が解明できたのは収穫だった。


 いよいよ2009年度の入試の幕開け。今年もいろいろな機会を捉えて情報を収集することにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る