夜の繁華街で言いがかりをつけられたら、ひたすら「ゴメンナサイ」をくり返すだろう………


 昨日、長男を連れて、柏のサッカースタジアムで柏レイソル対アルビレックス新潟の試合を観戦した。このスタジアムはピッチ(試合場)と観客席がとても近い。以前から、最前列で観戦したいと思っていた。


 これが運良く実現。選手を文字通り間近に見ながら試合を観戦した。


 改めて、サッカーが「格闘技」であることを実感。一つ間違えれば、すぐに殴り合いになりそうな雰囲気。


 相手のユニフォームをつかんで身動きできなくしたり、肩をつかんでジャンプしてヘッディングしたり、更には、全然接触していないのに倒れ込んだり………目の前で迫力あるシーンが次々に展開された。


 それに、相手の選手を見つめる目が鋭い。どう猛と言ったら言い過ぎか?


 試合は0対0。欲求不満が残った。でも、選手の動きに十二分に堪能した。


 いや、それにしても彼らの身体能力は高い。俊敏でケンカも強そう。こんな彼らが、1つのボールを追いかけるのだから面白くないわけがない。


 でも、夜の街、特に酒が入ったところでは、絶対に関わりたくない人々だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る