塾に来て一番先にやること。

 それはパソコンの電源を入れること。

 今日、いつものようにスイッチをON。それから、留守番電話の確認やら、FAXの送信などを行う。一連の作業を終えてパソコンの前に戻る。ふだんなら、見慣れた画面が出ているはず。それなのに、黒い画面のまま。

 何やら見慣れないメッセージが出ている。「BOOT××FAILURE……??」

 これはマズイ!あわてて、何回もスイッチを入れ直す。ところが、無情にもコンピュータは立ち上がらない。出てくるのはメッセージだけ。

 もはや、私の手ではどうしようもない。急いで大学生の愚息に連絡。あいにく、彼は外出中。塾に来られるのは夕方とのこと。

 「万一、データが飛んでいたらどうしようか。」

 塾のシステムは何から何までコンピュータ頼み。今日の生徒のリストすら、パソコンが起動しないと出てこない。やるべき仕事がヤマのようにたまっている。でも、パソコンが動かないと何もできない。いやはや、情けない。

 仕方がないので部屋の片づけをする。いや、出るわ出るわ、ゴミのヤマ。仕事部屋はすっかりきれいになる。そうこうしているうちに、愚息が現れる。

 パソコンを解体、ドライバーを取り出す、おまじないをかける。神との対話? 電源を入れる。

 いつものWindowsの画面が現れる!

 バンザイ!!

 そういえば、ここ2年くらいパソコンのオーバーホールをしていない。来週早々に、部品の入れ換えをすることにする。

 心臓によくない1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る