公立中学の定期試験のピークを迎えている。

 中学によっては先週終わったところもあるが、今週がヤマ場。毎日、担当講師ともどもバタバタしている。

 特に中学3年生にとって、私立高校の合否が実質的にこの試験で決まる。私立高校の推薦入試(前期入試)では、学校の成績がものを言う。単願であれ併願であれ事情は同じ。

  高校に提出される内申書は後期の成績が特に大切。2期制の中学が増えたが、後期の成績はこの試験1回だけで決まるケースが多い。だから、名実ともに入学試験」そのものと言っても誤りではない。

 これまでノンビリしていた子どもも、さすがに今回は真剣に取り組んでいる。
 
 どうやったら効率的に点数を稼げるかを質問する生徒も多い。

 この種の質問は好きではない。

 勉強はやはり日ごろからキチンとやるのが王道。小手先の勉強は将来に禍根を残すこともある。

 まぁ、しかし、それはそれ。やはり、点数は稼がせたい。小手先のテクニックも結局、必死になって教えている。まるで、絵に描いたような「塾」の教師。そんな自分をおかしく感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る