駒込中学高校の説明会に出席した。新年度になってはじめての私学説明会への参加。


 この日は、300名を超える関係者の出席があった。毎年、駒込の説明会には、大勢の出席者があるが今年も例外ではなかった。


 河合校長の話は面白かった。


 駒込は「普通の子」のための学校であること、ただし、子どもの心身を鍛えるための骨太の教育を行っていること、そのために比叡山での研修を行っていること、それに、携帯電話の持ち込みを禁止していることなど、同校の理念や日々の教育についてわかりやすく語っていた。


 校長が直接、自分お言葉で語りかけることは大切だと思う。私学の説明会のスタイルはさまざまだが、どこでも校長の挨拶は必ずある。しかし、単なる「挨拶」を超えて、自ら教育理念などを訴えるケースはあまりない。


 この日は、その後、進学研究会の進士氏の講演があり、懇親会でもいろいろな話を聞くことができた。充実した時間を過ごせたことに感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る