冬期講習、4日目が終了。


 やはり、冬期講習はとても気を使う。新たに当学習会に来てくれた生徒もいるし、受験にとっては最後の追い込み。受験学年ではない生徒も、「冬期講習に参加して良かった!」という満足感を持って欲しいし、この講習を機に勉強を好きになって欲しい。


 今回の講習では、はじめての試みとして専属のネイティブの先生に、「入試リスニング対策」と「会話文対策」をお願いした。


 教材の準備は日本人のスタッフが担当。担当講師は、ここ1週間ほど半徹夜の状態だった。コンセプト作りから授業の進め方まで、すべてはじめての経験。特に、会話文対策をネイティブが担当した前例はなく、すべてゼロから作り上げた。


 本日はこの講座の初日。準備も開始ギリギリまでかかり、緊張して授業が始まった。講座は今日も含め、5日間で完結する。もし、授業が上手くいったら、改めてDVDに記録を残そうと思っている。


 塾は自由な立場。文科省などからの規制も一切ない。この利点を生かし、これからも新しい挑戦を続けたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る