昨日、いやがる長男を連れて2つのコンサートに行った。


 1つは京劇。京劇とは中国の歌舞劇(一種のオペラもしくは歌舞伎?)で、久しぶりにその独特の世界に浸った。ただ、残念ことに、肝心の歌(アリア?)の部分でマイクが使われている。このため、迫力がまるで感じられない。


 京劇については詳しくないが、こんなにマイクに頼った公演ははじめてだった。まるで、大きな画面のテレビを見ているようで、ナマの迫力がまるで感じられない。会場は東京芸術劇場の中ホール。大して広くないホールなのに残念だった。


 公演後、主催者に質問すると、「最近の京劇はみんなこんなもの。歌手が大きな声を出さなくなった。」と言っていた。


 もう1つは、安倍なつみのコンサート。前々から、はやりの歌手のコンサートに行きたいと思っていたのがようやく実現。京劇が昼過ぎに終わってしまうので絶好の機会となった。


 実は、ポップスの公演に行くのは、本当に久しぶり(学生時代以来?)。塾では見られない高校生の姿を期待していたが、集まってきているお客は、ほとんどが20代後半のよう。しかも男性客ばかり。年令××才の私は、かなり「浮いてしまう」のではないかと危惧したが、まったくの杞憂に終わる。私よりもっと年配の人もいっぱいいた。


 コンサートが始まると、蛍光灯のライトを振り回して、「ナッチャン(?)、ナッチー(?)」と総立ちになって叫んでいる。みんなどこで覚えてきたのか、振り付けもかけ声もピッタリ合っている。安倍なつみより観客を見ているほうがよほど面白い。


 ただ、この雰囲気、どこかで見たような気がする。そう、日本代表のサッカーの試合やマリンスタジアムの外野席にそっくり。コンサートもスポーツも、共通点が多いのを知ってビックリ。


 知らなかった世界をのぞくのはやはり楽しい。次は長女を連れて別のコンサートに行ってみるか……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“京劇、それに……” に2件のコメントがあります

  1.  いやぁ、いい年してお恥ずかしい限りです。でも、会場の雰囲気にとても親近感を覚えました。しばらくライブ通いにはまるかもしれません………

トップページに戻る