e9ed9ca2.jpg 来週から定期試験が始まる。
 いつものんびりしている中学生や高校生も気合いが入ってきた。
当学習会では、正規の授業以外でも「自習」をいつでもできるように体制を整えているが、この時期になると、この自習に来る生徒も増えてくる。進度の遅い生徒には、半ば強制的に自習に来るように命じることもあるが、大部分の生徒は自主的に来る。
 ただ、一人ひとりの様子を見ていると、試験に対する切迫感がかなり違っているのがよくわかる。試験対策をいろいろ工夫して成果が上がるように工夫しているが、ラクをしようとする生徒はなかなか指示に従おうとしない。いろいろ言い訳をしては、手抜きをしようとする。このような生徒は、満足のいく成績が取れないことがわかっているだけに、私たちの言い方も強くならざるを得ない。
 勉強の目的が「成績」にあるとは全く思わない。ただ、成績が上がらなければ、子どもの意欲も上がらないのが現実だ。これから、しばらく、生徒との厳しいやりとりが続く。ただ、この時期はある種の“活気”があるのも事実。私にとって楽しい時期でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る