去る8月20日(土)21日(日)に、幕張メッセで進学相談会が開催された。この進学相談会には公立高校が出展しているので、私も必ず毎年参加することにしている。今年も中3生を連れて会場を訪れたが、昨年と比べて受験生や保護者の参加者が少ないように思われた。この相談会は昨年まで10月中旬開催であったのが、今年は夏休みのこの時期に早まったのも一因だと思う。
 まだこの時期は、高校受験生は「本気モード」にほど遠く、真剣に情報を集めようとは思っていない。会場で出会った知り合いの高校の先生に話を聞いても、参加者が少ないことと質問などに切迫感がないことをこぼしていた。
 この種の進学相談会は、どこかで年間に相当程度(週に1回くらいのペース)開かれているが、公立高校が参加するのはこの相談会だけだ。だから、公立高校の情報を集めるには絶好の機会(というか唯一の機会)だ。一昔前は、塾にとって、公立高校の敷居は高くてほとんど接触すら持つことができなかった。ただ、ここ数年は、塾の団体やあるいは当学習会独自のルートで公立高校と情報交換ができるようになったが、それでも私立と比べると格段に格段の違いがある。
 ただ、年々、公立高校とのパイプも広がりつつあり、当学習会の受験生に有益な情報を提供できたらと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る